子どもの性

保育園に入園することで同年代のお友だちとの成長の違いなどにも気づく子どもたちもいれば、周囲からの影響をほとんど受けずマイペースにものごとを考える子どもたちもいます。子どもたちが自分以外の周囲の人びとの存在を認識しはじめ、男女の違いを感じはじめるのは、1~2歳であると考えられているようです。3~4歳になると周囲の子どもたちと遊ぶ際にも男女に分かれて遊ぶ光景がみられたりもします。服装なども女の子はピンクなどを好み、男の子は青系統の服を着たがったりする傾向がみられるようになります。子どもたちの性教育は、この時期からはじまっているなどとも言えわれておりますので、お父さんお母さんも子どもたちの質問に対応できるような答えを準備しておきましょう。