着替えがニガテな子どもたちには

保育園では子どもたちが自分だけで着替えができることも大切な学びとなります。実際には自分で服を脱ぐことが出来ない子どもたちもいるようです。

家庭のなかではお父さんお母さんや兄弟が手伝ってくれるから自部で服を脱いだことがないという子どもいますが、保育園ではまず自分の身の回りのことを自分で出来ることを目指しますので、先生方は子どもたちにストレスやプレッシャーをかけないように楽しく着替えを指導しながら子どもたち自立をうながしいていきます。

着替えがニガテな子が楽しく着替えを覚えるためには、着脱しやすい服装をご家庭で選んでもらえるように保護者の方に声掛けしたりすることも良いでしょう。着替えがニガテな子にボタンのたくさんついた洋服の着脱をトライさせるのは、どうしてもハードルが高すぎてしまうはずです。