子どもたちの成長と日常生活のなかでの訓練

保育園などで子どもたちが同じ空間のなかで集団生活をすることは、容易なことではありません。一緒に整列して歩くことさえも困難になってしまう子どもたちもいるようです。

参観日や運動会などで、子どもたちが整列をして歩く姿は微笑ましいものですが、子どもたちが集団で同じ行動をする、ルールやきまりごとをよく理解しながら自立した行動をみせることは日頃の訓練の賜物とも言えるかもしれません。

園内では子どもたちは、遊びやお食事、おトイレなど変哲もない日常生活のなかから自分にとって必要な事がらを学んでいくのです。

保育園など社会性の求められる集団生活のなかで、どのようにふるまえば褒めてもらえるのか、どんなことをすると先生たちを困らせてしまうのかといった日々の出来事の1つひとつが子どもたちの成長につながっていくのです。