運動神経と子どもたちの遊び

保育園での遊びのルールを子どもたちに伝えるなかで、ルールを良く理解できる子、そうでない子に大きく分かれてしまうことがあるようです。

同じ年代の子どもたちであっても、園外でスポーツチームに所属していたり、運動や体操のお教室に通われている子どもたちは、比較的運動神経が発達していて、先生の話を集中して良く聞くことができるため、新しい遊びのルールを比較的早く覚えて身体を動かしてスポーツすること自体を楽しめる傾向が見られるようです。

実際に遊びのルールを良く理解できない子どもたちは、身体を動かす楽しさを実感する前に運動キライになってしまうこともあるようですので、ご家庭のなかでも週末などにご家族ご一緒に思いっきり身体を動かせるようなレクリエーションを企画されると良いかもしれません。