電機関連の工事

分電盤を新らしく設置する工事は「分電盤工事」と呼ばれ、乾線工事と同様に、容量や分電盤が足りない場合に行われる工事と言えます。他にも、スイッチと照明器具とを連動させるための「スイッチ工事」、100ボルトよりも少ない電圧を使用するための工事とされる「弱電工事」、分電盤と照明器具の配線を調整するために行う「電灯工事」などが挙げられるでしょう。これらの工事は、各店舗の店舗デザインによって必要になる工事は異なると言えるでしょう。

また、工事の内容については、電気工事士という資格を持った専門家しか取り扱えないものもあるため、あらかじめ会社選びの段階で調査しておくと良いでしょう。さらに、電気関係の工事を行う時には、電力会社への申請の種類も多いため、注意しておきましょう。申請には、店舗デザインの図面と資料も揃え、検査も立ち会うことが大切でしょう。この申請を、電気の工事を委託した会社が行う場合もあるようですが、これによって発生する費用は、会社によっても様々なので、確認しておくことも重要でしょう。工事を進める際は、資格や専門的な知識からの見解とデザインとをすり合わせながら行わなければならないということと、申請にかかる手間や時間を考えて、あらかじめ各専門業者に話を通しながら進めていくことが望ましいと言えるでしょう。