保育士のやりがいや魅力

近年では待機児童の問題が取り上げられていて、それに伴い保育士の需要は大きく見込まれていると言えるでしょう。保育士は体力や神経を使う非常にきつい仕事の一つであり、それだけではなく仕事の量も多く、給料が安い、人間関係の悩みがあるなど、様々な悩みを抱える保育士も多いものです。とはいえ多くの保育士が活躍しているのは、このような大変なことを上回るやりがいや魅力があるからと言えます。

保育士の仕事のやりがいや魅力としては、何と言っても子供の日々の成長を喜びあえることと言えるでしょう。中には0歳児のうちから保育所に通う子どもも多く、このような幼い子供の場合には、寝返りができた瞬間や立ち上がった瞬間などに居合わせることも多いものです。またそれなりに大きくなってからも、嫌いな食べ物を食べられるようになったり、お友達に優しくできたなどの成長を感じることができます。保護者と同じ、それ以上の時間を一緒に過ごすことができるので、子供達の初めての経験に立ち会うことができるのです。